体外受精にかかる費用はどのくらい?葉酸など総括すると?

赤ちゃんが欲しくて避妊していないのになかなか妊娠しない場合には不妊治療をすすめられます。

 

 
自然に赤ちゃんが授かるということはすごく幸せなことなんですね!

 

 
避妊していなくて2年くらいたつと夫婦ともに焦りはじめますよね。

 


赤ちゃんにはもう会えないのではないかとか、子供には巡り合えないのではないかとか、いろいろ悩みますよね。

 

 
でも不妊治療をしてみないであきらめてしまうのは早すぎます!

 

 

 

最近は妊活などという言葉もあるように、芸能人の方が妊活をして高齢でも赤ちゃんを授かったというニュースが報道されていますよね。

 

 
きっと大丈夫です!

 

 
不妊治療を始めましょう!

 

 

 

はじめはタイミング法とか体質改善などから入っていくようです。

 

 
不妊治療には、セルフタイミング法や病院でのタイミング法、人工授精などがあり、その次に、体外受精という方法があります。

 

 

 

体外受精とは、不妊治療の1つです。

 


子宮の中から取り出した卵子を体外で受精させ、培養します。

 

 
正常に細胞分裂を繰り返した良好な受精卵を子宮に戻す方法です。

 

 
IVF(胚移植)、GIFT(配偶子卵管内移植)、ICSI(イクシー)という顕微授精、冷凍胚移植などが現在ではよくされているようです。

 

 
体外受精を進めて行く中でも体質改善や食事療法・妊娠力を高める東洋医学などが進められる病院もあります。

 

 
東洋医学とは、鍼灸や漢方などのようですね。

 

 
身体全体を若返らせることで、精子や卵子も若返るのだそうです。

 

 
血管の若返りなども健康の番組などで見たことがあります。

 

 
不妊治療とはそのようなところから取り組むのですね。

 

 

 

体外受精の費用も気になりますね。

 
体外受精の費用は全国一律ではなく、クリニックや病院によって費用が異なるのだそうです。

 

 
100万円かかるというところもあれば、10万円くらいといったところもあるらしいのです。

 

 
でもまあだいたい35万円くらいが多いのだそうです。

 

 
その他に、通院の費用も必要です。

 

 
体外受精では排卵誘発剤としての注射をうったり、またサプリメントを飲むようにすすめられたりする場合もあるようです。

 

 
でも費用の事よりなにより、赤ちゃんを授かることが大切ですので、頑張って妊活しましょう。