母親の栄養不足をベルタ葉酸は補える?赤ちゃんに悪影響がある前に

妊娠しているときには通常とは違うお腹中の赤ちゃんの健康を考えた食生活を心掛けなければなりません。

 

 

 

大切な栄養素が不足していますと母体にも、赤ちゃんにも悪い影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。

 

 

その中でも最近よく耳にするのが葉酸です。葉酸は胎児と母体に必須な栄養素で、胎児に対しては脳や脊髄という一番大切な中枢神経の成長を促進させる効果があり、神経管閉鎖障害のリスクを低減、また様々な器官や臓器等の成長をサポートします。

 

 

 

また、母体に対しても悪性貧血を防止したり、妊娠高血圧症候群の防止したり、さらには産後の体力の回復や母乳の質の向上効果を期待することができます。

 

 

 

 

このように重要な働きがある葉酸ですが、食事からたくさん摂取してもその半分は尿などから出て行ってしまいます。

 

 

 

そこでサプリメントで補う必要が出てきます。巷では色々な葉酸サプリが販売されていますが、妊娠中の女性の視点になって考えられたお勧めのサプリメントがベルタ葉酸サプリです。

 

 

 

口コミでも話題になっていますね。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリが良い点は、妊娠中、あるいは授乳中の女性に必要だと考えられる栄養素をたっぷりと含有していることに加え、なんと美容成分までしっかり摂取することができることです。

 

 

 

 

メインの葉酸については妊娠中は1日400μg以上が推奨されています。

 

 

 

通常は240μgなので約2倍必要ということです。

 

 

 

とり過ぎもよくないのですが、ベルタ葉酸サプリを用量を守って摂取していれば、葉酸が不足することはありません。

 

 

また、それに加えてベルタ葉酸サプリには21種類もの野菜を配合し27種類のビタミン、ミネラルを摂取することができ、さらに鉄分やカルシウムなどもしっかり補給することができます。

 

 

 

美容成分については、ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンなど6つの美容成分が妊娠中の肌トラブルを守ります。

 

 

 

これだけの有効成分が配合されていながら価格は格安、特に定期コースで申し込むとお得です。

ベルタ葉酸が人気な3つの理由!具体的に調査してみた

口コミでも話題のベルタ葉酸サプリは、妊娠中や授乳中の女性たちのご意見をもとに、この時期に本当に必要なものは何かを考えて生まれたサプリメントです。

 

 

 

そのため他の葉酸サプリメントとは一味も二味も違います。

 

 

もし葉酸サプリを探しているのなら、このベルタの葉酸サプリは葉酸以外にも様々な有効成分が含まれているという点でおすすめです。

 

 

 

その主な理由について以下に述べます。

 

 

 

 

まず、メインの主成分となる葉酸を1日400μg摂取できるようになっています

 

 

 

これは通常食事から摂取できる葉酸に加えて、1日400μgをプラスするように推奨されているからです。

 

 

 

妊娠時は、胎児の正常な成長の為に、通常の約2倍の葉酸が必要です。

 

 

 

これは葉酸が不足すると胎児の最初の成長である脳や脊髄などの中枢神経が影響を受けやすくなり、神経管閉鎖障害をはじめとする様々な障害を持って生まれるリスクがあるからです。

 

 

 

また、母体にとっても貧血などの身体のバランスを崩すのを防止したり、母乳の質を上げる効果が期待できます。

 

 

 

 

二つ目に、ベルタ葉酸には27種類ものビタミン・ミネラル、16mgの鉄分、232mgのカルシウムが摂取できるようにバランスよく配合されています。

 

 

 

21種類もの野菜のエキスを凝縮し、母体に必要な栄養素をしっかり補給できるようになっています。

 

 

 

さらに三つ目に美容成分まで含まれています。これが他のサプリメントとは大きく違う点です。

 

 

 

燕の巣、プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、黒酢もろみ、珊瑚カルシウムの6つの美容成分が配合されており、妊娠中の肌トラブルなどを防ぎます。

 

 

 

ベルタ葉酸は定期的に継続して摂取することが大切です。

 

 

 

お得な定期便コースがあるのでそちらを利用することで1回あたり2000円~2500円もお得になります。

 

 

 

1日あたり4粒で約132円になります。

 

 

 

妊娠したらベルタ葉酸を飲み始めるのではなく、その少し前から飲み始めていくと、なお一層効果的です。

体外受精にかかる費用はどのくらい?葉酸など総括すると?

赤ちゃんが欲しくて避妊していないのになかなか妊娠しない場合には不妊治療をすすめられます。

 

 
自然に赤ちゃんが授かるということはすごく幸せなことなんですね!

 

 
避妊していなくて2年くらいたつと夫婦ともに焦りはじめますよね。

 


赤ちゃんにはもう会えないのではないかとか、子供には巡り合えないのではないかとか、いろいろ悩みますよね。

 

 
でも不妊治療をしてみないであきらめてしまうのは早すぎます!

 

 

 

最近は妊活などという言葉もあるように、芸能人の方が妊活をして高齢でも赤ちゃんを授かったというニュースが報道されていますよね。

 

 
きっと大丈夫です!

 

 
不妊治療を始めましょう!

 

 

 

はじめはタイミング法とか体質改善などから入っていくようです。

 

 
不妊治療には、セルフタイミング法や病院でのタイミング法、人工授精などがあり、その次に、体外受精という方法があります。

 

 

 

体外受精とは、不妊治療の1つです。

 


子宮の中から取り出した卵子を体外で受精させ、培養します。

 

 
正常に細胞分裂を繰り返した良好な受精卵を子宮に戻す方法です。

 

 
IVF(胚移植)、GIFT(配偶子卵管内移植)、ICSI(イクシー)という顕微授精、冷凍胚移植などが現在ではよくされているようです。

 

 
体外受精を進めて行く中でも体質改善や食事療法・妊娠力を高める東洋医学などが進められる病院もあります。

 

 
東洋医学とは、鍼灸や漢方などのようですね。

 

 
身体全体を若返らせることで、精子や卵子も若返るのだそうです。

 

 
血管の若返りなども健康の番組などで見たことがあります。

 

 
不妊治療とはそのようなところから取り組むのですね。

 

 

 

体外受精の費用も気になりますね。

 
体外受精の費用は全国一律ではなく、クリニックや病院によって費用が異なるのだそうです。

 

 
100万円かかるというところもあれば、10万円くらいといったところもあるらしいのです。

 

 
でもまあだいたい35万円くらいが多いのだそうです。

 

 
その他に、通院の費用も必要です。

 

 
体外受精では排卵誘発剤としての注射をうったり、またサプリメントを飲むようにすすめられたりする場合もあるようです。

 

 
でも費用の事よりなにより、赤ちゃんを授かることが大切ですので、頑張って妊活しましょう。